他者評価なんて必要ない!?無駄に他人の人生を生きないために

自己評価と他者評価。

みなさんは、どちらに重きをおいて人生を生きたいですか?

多くの方が、「自己評価」を軸に生きていきたい。と答えるのではないでしょうか?
自己評価で生きる方が、自分の人生を生きている気持ちが湧くと思うから。

では、他者評価は気にしなくても良い・切り捨てても良いのでしょうか?

著名人の言葉をお借りしつつ、考えていきます。

 

無駄に他人の人生を生きないこと

あなたの時間は限られています。
無駄に他人の人生を生きないこと。

この言葉、聞いたことがあるという方も多いと思います。

そうです。ステーブ・ジョブズが言った言葉ですね。

私はこの言葉が大好きです。そして、もっと早くこのことに気づけていれば・・・と何度思ったことか。

高校・大学・新卒での会社選びと、親や世間的によしとされる所を選んできたし、それが間違っているとすら疑っていなかった。
(今現在、間違っていたと言い切ることは出来ないし、それはそれで良かったのかもとも思っていますが。)

そして、そこに入ることを目標に置いて頑張ってきた。
結局、本当にやりたいことって何なのか。深く考えて進んできたわけではなかった。

そんな思いがあります。

 

端的に言い換えるなら、まさしく「他者評価」のもとで生きてきたなと。

 

他者評価で生きているということは、他人の評価を第一に置いて、周りの評価を気にしながら生きていくということ。
完全に、他人の人生を生きているわけです。

 

一度きりしかない人生。
ずっと他人を気にしながら生きていくのは、なかなかに辛いものです。
そこに喜びを感じる方もいるかもしれませんが、自分を押し殺すことには限界があるはず。

もっと自己評価をしっかり行って、自分の人生を生きていくことも考えてみるべきだと思います。

 

自己評価で生きる

でも、

自己評価で生きるってどういうことなのだろうか。

そんなことを思った方もいるかと思います。

私の思う「自己評価」とは、

自分自身をしっかり評価して、やりたいこと・出来ることを明確にする

ということだと考えています。

自己評価とは、これまでの実績だったり、これから自分がやろうとしていることを評価して、

自分はすごい!とか、自分はダメだ・・・とか。
自分の作ったこのサービスは凄い!とか、このサービスはダメだ・・・とか。

そんなことをするわけではないのです。ここを間違えてはいけません。

「自己評価」 = 「自分を見つめなおす・自分の価値観を明確にする」

と言い換えても良いかもしれません。

 

しっかり自分と向き合って生きていくこと。
それが、「自己評価で生きる」ということです。

 

「無駄に」という言葉がつくことを忘れてはいけない

ここまでを読んで、冒頭にあげた疑問

「他者評価は気にしなくても良い・切り捨てても良いのか?」

を考えると、気にしなくてもよい・切り捨てても良い、と言えるかもしれません。

でもちょっと待ってください。

ステーブ・ジョブズの言葉で、どこかひっかかる所ってありませんか?

ありますよね!

「無駄に」他人の人生を生きないこと。

 

そう、「無駄に」がつくんですよ。

 

どういうことかちょっと考えてみましょうか。

自己評価のところで書いたこの部分

自分はすごい!とか、自分はダメだ・・・とか。
自分の作ったこのサービスは凄い!とか、このサービスはダメだ・・・とか。

これは自己評価で行ってはいけないと書きました。

 

そう、これは「他者評価」に委ねてしまっても良い部分だと私は思います。

自分が凄いか凄くないかなんて、相手の立場や能力によって変わってくるわけですし、
サービスだってそう。ブログの記事だってそうです。

受け手によって変わってくるものは、他者評価をしてもらって何ぼのもんです。

他者評価を受けることによって、自分を見つめなおすことにも繋がります。

 

「無駄ではない」他者評価は、しっかりと把握をして、自己評価に繋げていく必要があるのです。





こんな言葉を目にしました

先日テレビを見ていると、こんな言葉を目にしました。

自己評価はしない。評価は周りが決めることだから、とにかく世に出してみる。

これは、下田美咲さんという方の言葉です。
「今の自分自身をどう思いますか?」といった質問の回答だったかと思います。
(間違っていたらすみません。ご指摘いただければ幸いです。)

 

一見、ステーブ・ジョブズの言葉と正反対のことを言っているように見えますね。

ちょっと本質を考えてみましょうか。

 

とにかく世にだしてみる

この言葉から分かる通り、自分の生み出している物に対しての言葉のように思います。

下田美咲さんは、メディアを運営していたり、雑誌の連載をしていたりする方なので、これは間違っていないはず。

ここに関しては、全くその通りだと思っています。

【「無駄に」という言葉がつくことを忘れてはいけない】、の項でも書いたとおり
世に出したものに対しては、他人が評価をするべきものであるから。

 

ここでいう「自己評価はしない」も、自分で評価をしたところで
それは、独りよがりになってしまうから。

 

こう考えると非常にしっくりきます。

 

自分自身の自己評価をしないわけではない

ここで紹介している、下田美咲さんなのですが、テレビを見ていた率直な感想を述べると

非常に個性的な方

だなと。そう感じました。もちろん良い意味で。
まあ、好き嫌いが分かれそうなタイプですが。

そんな彼女、絶対に自己評価していると思うんです。

 

もちろん、上で書いた私が思う自己評価。

「自分自身をしっかり評価して、やりたいこと・出来ることを明確にする」

これが出来ているからこそ、

自分が何を生み出せるのか、自分が世の中に提供できるものが何なのか

しっかり分析できて・実践も出来ている。
だからこそ、世に出したものがしっかりと他者評価を受けている。

 

言葉で書くと簡単ですが、非常に難しいことを、しっかり実践している方なんだろうな。すごいな。というのが私の感想。

 

他者評価を受けるということ

実はこれ、メチャクチャ難しいと思うんですよね。

インターネット上で、何か発信をしている方。サービスを運営している方。

そもそも、他者評価を受けるところまで進めてますか?
評価を受けるほど、誰かに届いていますか?

 

評価を受けるということは、誰かが見たり・使ったりしているわけで。
まずはアクションを起こしてもらえなければ、評価なんて付きません。

このハードルは中々高い。
私自身このブログを書いていて、今現在このハードルを越えることが出来ていません。

 

評価を受けるためにも、「自己評価」をしっかり行って、
自分の提供出来る価値を・その価値を求めている人に対して、しっかり提供出来るよう、考えなければいけませんね。

 

まとめ

二人の方の言葉を使って、自己評価と他者評価について考えてみました。

結論として言いたいことは、これですね。

 

「無駄に」他人の人生を生きないこと。

 

さすがステーブ・ジョブズ。
結局この言葉に尽きるかなと。
うん、良い言葉だ。

 

「自己評価」で生きる。これは間違いなく、そうあるべきです。
ただ間違っても、自己評価に頼りきってしまって「独りよがり」になってしまわないようにしたいものです。

 

【合わせて読みたい】

仕事でメモは必須!?いや、フリーダム伝達をやめてくれ!

 
【ブログ村参加中です!】

 

それでは、
のらくら でした!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です