【プログラミング】初心者におすすめ!勉強したことを身に着ける思考法。

 

プログラミングの勉強をしているけど、全然身についていかない。

そんな風に感じている方って多いのではないでしょうか?

私も始めたころは、そうでした。勉強をした時には理解できても、後からその知識を使おうと思っても使えない。

それでも、今ではしっかりとプログラマーとして働けている私が、どんな考え方でプログラミングを身に着けていったのかをご紹介していきます!!

ぜひ、

プログラミングの勉強をしてはいるものの、全然身につかない!

なんて方に読んで頂ければと思います!

 

何を紹介していくのか

プログラミングの勉強法って、色々ありますよね。

 

・スクールに通う
・動画サイトで勉強する
・本を買って勉強する

 

個人的には、自分に合った方法が分かっているのであればどれでも良いと思います。

ただし、全くよくわからないけど、プログラミングを身に着けたい!!って人には「スクール」をオススメしますけどね。

 

だって、そもそも何を勉強したら良いのか、が分からないとどうしようもないですから。

 

 

そんなことは、いろんな所に書かれているのでいいんです。ここまでは前ふり

 

今回は、どんな勉強法をしていようが、勉強をした時に実際に「自分の力へと落とし込むための考え方」・「アウトプットの方法」に関してお話していきます。

 

自分の力に落とし込む考え方

勉強をしてもしても、

「結局自分でプログラミングをしようとした時に、全然コードが書けない!」

なんて経験ないですか?

それは、自分の力にしっかり落とし込めていないから。勉強して知識を付けても、使い方を理解出来ていないと、コードを書くのって難しい。

「じゃあ、どうすればいいの!?」

って思いますよね?

これはっきり言うと、実際に手を動かして、コードを書いて身に着けるしかないんです。

まあ、これはどこでも言われている内容。

けど、手を動かした所で身に着けられるってわけでもない。そうですよね?私は、そうでした。いくら文法を学んで実際に書いても、いざ使おうと思うと「あれ?」って。

そんな私ですが、「手を動かす時の、思考・考え方」を変えることで、びっくりするほどすんなりと、プログラミングを身に着けることが出来るようになりました。

その思考とは。

 

身近なアプリに落とし込む

その思考がこれ。

身近なアプリに落とし込む

よく、プログラミングを勉強するときに言われる言葉で、

「自分で作りたいサービスをゴールにおいて、そのサービスで作りたい機能に必要な知識を学ぶのが良い。」

なんて言いますよね?

けど、これ難しくないですか?そもそも、作りたいサービスがはっきり思いついてる場合って少なくないですか?
そしてそして、そもそもどんな機能が必要かってハッキリ思い浮かばなくないですか?

そうなんです。私は言いたい。

そんなゴールが明確におけていたら、勉強しても身につかないなんて状況になってないわ!

 

ってことで、自分の作りたいサービスではないけど、

いつも使っていて、身近なアプリ

に置き換えてしまいましょう。

そう。

身近なアプリの中身を丸裸にすることをゴールにおいて、そのアプリにある機能を作れるように必要な知識を学んでいく

これが私が勉強をするときに実践してきた思考法。

 




例をあげてみます

例えば、よくある・よく使う文法の1つ

If文

条件分岐を作りたいときに書くコードですね。よくあるので、If文とは何ぞやについては語りません。

それでは、If文をメッセージアプリでお馴染みの「LINE」にぶち込んでみましょう。

「もし、メッセージが届いていたら、通知を出す」
「もし、友達以外の人から友達追加が行われたら、知り合いかも?に表示する」

はい、単純かもしれませんが、こんな風にLINEの機能を「もし〇〇だったら△△する」にしていきます。

そして、実際にそれらをコードにしてみることで手を動かす!!

これでどんな力が身につくか。実際の機能に結び付けてコードを書くことで、似たような機能を実装しようとしたときに頭から知識を取り出しやすくなります。

あ、この機能ってLINEで言うとこの機能と似てるな。じゃあこんな風にコードを書けばいいんじゃないかな。

ってな具合です。

 

1つのアプリに決めておく

この思考法でより効果を出すためには、「1つ」のアプリに決めておくことをオススメします!

何故かと言うと、1つのアプリにしておくことで、後から勉強した知識とすでに持っている知識が絡み合うから。

1.「もし、メッセージが届いていたら、通知を出す」
2.「通知が押されたら、トーク画面を表示する」

上で挙げた例をこんな風に繋げてみます。

1番目はもちろん、If文で書けますね。

そして、2番目は例えばクリックイベントの発火に関してとか。トーク画面でトーク履歴を出すためにfor文やforeach文を使うとか。

どんどんそのアプリの機能を実装出来るようになりますよね。

最終的には、そのアプリ自体を作ってみようと思ったら作れるようになってたり

身近なアプリの仕組みが分かっていくのって楽しいと感じる人が多いと思うので、モチベーションの維持にもなるはずです!

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

当たり前のことしか書かれていない。って思った方もいるかもしれません。

それでも、私は伝えたい。

だって、プログラミングの勉強を挫折してる人っていっぱいいるんだもの。

そんな風にならないために、少しでもお役に立てたら嬉しいです。

今まで、そんなこと意識してこなかったという方。

興味を持っていただけたなら、


ぜひ!お試しください!

 

それでは、
のらくら でした!

1 Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です