技術力ではない!?私が思う優秀なプログラマーの特徴とは。

プログラミングを仕事にしたい人、している人。

優秀なプログラマーになりたい!という思いはありませんか?

現在プログラマーとして働いている私。もちろん優秀になりたい!と思っています。

ただ、優秀なプログラマーってどんな人だろうか。考えたことってありますか?

今回は、私が思う優秀なプログラマーの特徴を書いてみたいと思います。

 

 

技術力が全て?

プログラマーたるもの、技術力で勝負する。

確かに間違っていないですし、技術力の高いプログラマーは優秀な場合も多いですよね。

 

ただ、本当に

技術力が高い=優秀なプログラマー
なのか。

 

私の経験上、そんなことはないのではないか、と思っています。

 

そして、「技術力だけあれば良い!」と思っているプログラマーって意外に多いのでは?

そうじゃないんじゃないかな!?」って言いたいがために、ちょっと色々と書いていきます。

 

プログラマーの役割とは

技術力の高さ=優秀、ではないと書きました。

では、優秀なプログラマーの特徴は何なのか。

 

プログラマーの役割に焦点を当てて考えてみます。

 

モノを作ること

プログラマーは、モノづくりの職です。Webサイトだったり、ゲームだったり、はたまた企業向けのシステムだったり。

 

そう考えると、プログラマーの役割の大部分はモノを作ることですよね。

ここを意識出来ていないプログラマーも結構いる気がするので、まず初めに改めて書きました。

 

「モノ作りをしている」、この意識、大事ですよ?

 

ちょっと余談

いきなり余談なんですけど、

モノづくりだと捉えると、IT業って建築業とめちゃくちゃ似てることに気が付きませんか?

それがどうしたって話なんですけど。

何か建築業界から良い事例を引っ張ってIT業界に活かせないかと考えたりしてたりするのですが、何かないですかねー。

 




モノづくりとは価値の提供である

自論なのですが、モノ作りって「モノ」が重要なわけではないと思うんです。

では何が重要なのか。

「モノ」が生み出す価値
ではないでしょうか?

 

生活を便利にしたり、人を幸せにしたり。そこが重要なのです。

ここがモノ作りの本質であると私は思っています。

 

システムの価値とは

では、プログラマーが作る「モノ」である、システムの価値とは何でしょうか。

 

ゲームやWebサイトであれば、ユーザーにとって有意義な、面白いモノ。そして、提供者に利益をもたらすモノ。

企業向けのシステムであれば、そのシステムがどれだけ利益や費用削減・時間削減に貢献するか。

 

間違ってはいけないのは、そのシステムで何が出来るかが重要なのではないということ。

 

あくまでも、何が出来るかは、もっと先の、価値の提供に及ぼす要素の一つでしかないのです。

 

優秀なプログラマーとは

ここまで、色々と考えてみましたが、

「結局、優秀なプログラマーの特徴ってなに!?」

って思いますよね。
ここから掘り下げていきます!

 

価値を提供出来る

モノ作りの職であるプログラマー。

 

作り出すモノの価値を理解して、その価値を高められるプログラマーはメチャクチャ優秀なプログラマーと言えるでしょう。

 

これは別に、技術力の話ではないですよね?

高度な技術があれば、確かに作ることが出来るモノは増えるかもしれません。

でも、価値を理解出来ていなければ全く意味がない。

その作ったモノが、どんな価値があって・どんな利益をもたらすか。

その作ったモノが、どんな面白味があって、他と比べてどんな優位性があるのか。

この意識のないプログラマーは、いくら技術力があったとしても、優秀なプログラマーにはなれないのです。

 

IT土方と言われる所以

プログラマーという職って、「IT土方」って言われる場合もあったりしますよね。

これって、ただ作れば良いって思ってるプログラマーがいるからだと思うんです。

 

そして、日本でプログラマーの地位がいつまでも低いのは、

モノ作りという本質を見ようとしないプログラマーが非常に多いから

なのかもしれません。

 

そして、現状の「工数」で金額を見積る、システム自体の値段を掛かった時間で見積る、という考え方もここから来ているのだと思います。

 

もちろん、他の要因も大きいとは思います。

 

でも、プログラマー側が意識をして変えていかなければ変わらない問題ではないでしょうか?

 

まとめ

優秀なプログラマー = 作るモノの価値を理解し、高められる人
私はこう思っていますし、現在人材になれるよう日々頑張っています。

 

これまで、

自分が作っているシステムは、どこに価値があって、自分はどんな人にどんな価値を提供するためにプログラムを書いているのか
考えたことがなかった!という方は。

ぜひ一度、考えてみると良いですよ!!

 

私は切実に、もっとプログラマーの地位が向上すれば良いなって思っています。

そう思って、実際に行動を起こしてくれる人がいれば、非常に嬉しく思います。

 

 

それでは、
のらくら でした!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です